感染経路はどこ!?|ペットを飼う上で最も大事な健康管理・フィラリア予防薬で予防を!

感染経路はどこ!?

コップと薬

そもそもフィラリア感染症とはどんな病気なのかについて覚えておきましょう。

フィラリア感染症という名前からも分かる通り、「感染症」です。
ではどこから感染するのかというのが飼い主さんにとっては気になりますよね。

フィラリアの感染経路は「蚊」です。
まさか!?と思いませんか?私はこの事実を初めて知った時にかなり衝撃を受けました。
なぜなら、蚊を完璧に防ぐなんてことはどう考えても難しいからです。
たとえば、散歩中に他の犬のおしっこを舐めてしまって感染してしまうというのであれば、防ぎようがありますよね。
しかし蚊なんて我々ですら刺されていることに気付かないのに、蚊を防げるのか。
ましてやペットのことを四六時中見張っていることなんてできないので不可能じゃないか?
こう考えてしまったのです。

感染経路である蚊はフィラリアに既に感染してしまっている動物の血を吸うことで、蚊の体内に血液とフィラリアの幼虫であるミクロフィラリアが入ります。
そしてその蚊が別の健康な犬の血を吸い、体内にいたミクロフィラリアを犬の体内にいれるのです。
私たちヒトが蚊にかまれたときに痒くなりますよね?
あれはヒトの血を吸った分、蚊の体内にある痒み成分のある液体を私たちの体内に注入しているからです。
その原理で蚊は犬の体にフィラリアを入れてしまうのです。